出産

出産後の手続きや貰えるお金について【仕事を継続するママ編】

どうも!かおさんです!

2020年4月現在、私は派遣社員として働いており産休を頂いている状態です。育休終了後は派遣元に仕事を紹介してもらい、仕事に復帰する予定であります。

働くママは(育休終了後に復帰するのが原則)「出産手当金」や「育児休業給付金」など妊娠・出産・育児にかかるお金はほとんどが公費でまかなえます。

今回は働くママで、自分で社会保険と雇用保険加入している方について、出産後の手続きは何をするのか、貰えるお金はどのぐらいなのか調べてみました。

※2020年4月現在の情報です。

出産前・入院中

出産育児一時金

出産育児一時金

加入する健康保険から42万円が受け取れます。申請方法は下記の3パターン。
●直接支払制度
●受取代理制度
●産後申請

健康保険組合や自治体によってはお祝い金として上乗せ給付がある場合もあります。

直接支払制度

内容 健康保険から産院に直接支払われるので、退院時の支払いは42万円を超えた分だけ。
貰える金額 42万円
期限 入院時まで
届出人 ママ
申請方法 入院までに産院から合意文書を受け取り、必要事項を記入して健診時や入院時に提出。退院時に差額分を支払う。
提出先 産院
必要書類など
  • 健康保険証

受取代理制度

内容 直接支払制度のない産院なら、自分で手続きすることで、健康保険から産院に支払ってもらえる。
貰える金額 42万円
期限 出産予定の1ヶ月程度前まで
届出人 ママ
申請方法 産院に承認をもらった申請書を健康保険に提出。退院時に差額分を支払う。
提出先 ママの勤務先または健康保険
必要書類など
  • 出産育児一時金申請書(受取代理用)

産後申請

内容 産後に自分で出産費用を支払ったあとに健康保険に申請し、支給を受ける。
貰える金額 42万円
期限 出産翌日から2年間。2年を過ぎると時効になる。
届出人 ママ
申請方法 産後出産費用を支払ったあとに勤務先または健康保険にて申請
提出先 ママの勤務先または健康保険
必要書類など
  • 出産育児一時金請求書
  • 出生が確認できる書類
  • 出産費用の領収・明細書の写し
  • 直接支払制度に係る代理契約に関する文書の写し
かおさん
かおさん
私が通っている産院では「直接支払制度」を導入しており、20週目頃の健診時に合意文章を受け取り、その場で必要事項を記入して提出しました。手続きはとても簡単でした。

退院時の支払いが42万円を超えない場合は、健康保険に申請して差額分を受け取ることができます。
例:協会けんぽに加入している場合

産後

健康保険の加入

内容 各自治体から子どもの医療費助成を受けるのに必須。パパまたはママのどちらかの扶養として加入することになる。共働きなら、収入の多い方の扶養に入るのが一般的。
期限 出生後すみやかに。1ヶ月健診時までに作成。
届出人 パパまたはママ
申請方法 勤務先を通して申請する※社保の場合
提出先 パパかママの勤務先。収入の多い方で。
必要書類など
  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 住民票
かおさん
かおさん
私の場合は、旦那の方が収入が多いため旦那の扶養に入れる予定です。なので私が入院している間に旦那の勤務先へ手続きしてもらうようになります。

出生届

内容 赤ちゃんを戸籍に登録するための重要な届け出。
期限 産まれた日から14日以内。産まれた日も含む。
届出人 パパまたはママ。パパまたはママが署名・押印した後の届書を提出する場合はパパママ以外でもOK。
申請方法 出生届は役所にもあるが、産院でもらえることも。あらかじめ準備している病院が多いが、事前に産院へ確認しておく。医師または助産師に出生届出書(出生証明書)を記入してもらい、必要事項を記入して提出。
提出先 本籍地、出生地または届出人の住所地・所在地の市区町村役場。
必要書類など
  • 出生届書(医療機関で出生証明書を記載してもらったもの)
  • 届出人の印鑑
  • 母子健康手帳

●どこで提出しても本籍地に届きます。
本籍地以外の出生地や住所地の市区町村役場で出生届を提出しても、本籍地に届く仕組みになっているため、わざわざ本籍地に提出する必要はありませんが、児童手当などの申請を考えると、父母の住所地での届け出が便利。
出生届と一緒に、児童手当も申請すると一度に申請が済みます。

●名前が決まらなかったら、あとで追完届を提出できます。
出生届の提出期限である14日以内に赤ちゃんの名前が決まらなかった場合は、名前欄を空欄にして提出できます。そのあと、名前が決まり次第「追完届」という書類を提出します。しかし追完届で名前を提出した場合は、戸籍に新たに名前を追加することになるので、子供の将来のためにも、できれば期限内に名前を決めて提出したいですね。

児童手当

内容 子どもが中学卒業まで1ヶ月5,000円~15,000円が振り込まれ、毎年6月・10月・2月に指定口座に振り込まれる。※振込指定口座は保護者のうち、主に所得が高い方になる
貰える金額 児童1人当たりの月額↓
3歳未満…15,000円
3歳以上小学校修了前(第1子・第2子)…10,000円
3歳以上小学校修了前(第3子以降)…15,000円
中学生…10,000円
所得制限限度を超える方(一律)…5,000円
期限 出産翌日~15日以内。
★出生届と同時に申請
届出人 パパまたはママ
申請方法 申請日当日に役所にて手続き。※申請が遅れた場合、遅れた月分の手当が支給できなくなるので注意!!
提出先 お住まいの市区町村役場
必要書類など
  • 認定請求書(当日役所にて記載)
  • 請求者の印鑑
  • 請求者名義の振込口座の通帳
  • 請求者の健康保険証(表面)の写し
  • 請求者および配偶者の個人番号(マイナンバー)がわかるもの
  • 窓口へ来られる方の本人確認書類

●15日特例について
通常の新規申請は、締切が月末で支給は申請の翌月分からとなりますが、月末の出生や転入などで月内の申請が難しい場合は、15日以内に申請すれば出生日・転入日を含む誕生の翌月分からの支給となります。

児童を教育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円の支給となります。

子ども医療費助成

内容 子どもが医療機関で治療や診察を受けた費用の一部、または全額を自治体が助成してくれる制度。
期限 子どもを健康保険に加入させたらすぐに
届出人 パパまたはママ
申請方法 申請日当日に役所にて手続き
提出先 お住まいの市区町村役場
必要書類など
  • 子どもの健康保険証
  • 印鑑
  • 本人確認書類

出産手当金

内容 産休中にお給料の出ないママが会社の健康保険や共済組合からもらえるお金。
貰える金額 産前42日(多胎は98日)+産後56日分の日給の67%
期限 産後57日目以降(勤務先による)
届出人 ママ
申請方法 産休前に勤務先より申請書類を受け取る。出産後に産院の証明をもらう。産後57日目以降に勤務先に提出。1~2か月後に振り込みされる。
提出先 ママの勤務先
必要書類など 下記の記事参照

●予定日より遅れるともらえる額がUPします!

●産休中・育休中は社会保険料が免除に!!出産前に勤務先に申し出をしておきましょう!

かおさん
かおさん
ちなみに私は産後すぐ(5月半ば)に手続きをして、手当が入ったのが8月末になります。約4〜5ヶ月分無給になるので注意して下さい。

育児休業給付金

内容 子どもが1歳までは2段階で育児休業給付金が支給される。保育園に入れなかった場合など最長2歳まで延長できる。
貰える金額 最初の6ヶ月は給料の67%、6ヶ月を超えたら50%が貰える。
期限 育児休業に入ったら(勤務先による)
届出人 ママ
申請方法 産休前に勤務先より申請書類を受け取る。必要事項を記入し産後に勤務先に提出。産休に入り2ヶ月に1度振り込みされる。
提出先 ママの勤務先
必要書類など 下記の記事参照

出産手当金・育児休業給付金の必要書類などはこちらの記事を参考にしてください。

派遣社員必見!産休・育休の手続きの仕方【テンプスタッフの場合】派遣会社のテンプスタッフから届いたしおりを添付して「産休・育休の手続き」を説明していきたいと思います。...

該当者のみの手続き

高額医養費

高額医養費

切迫早産や帝王切開などの医療行為により、健康保険が適用され、それがさらに高額になったら自己負担を超えた分が戻ってくる。自己負担限度額は被保険者の所得区分によって分類されます。申請方法は下記の2パターン。
●事前手続きを行わない場合
●事前手続きを行う場合【限度額適用認定証】

例:協会けんぽに加入している場合

事前手続きを行わない場合

内容 通常通り退院時にかかった医療費を支払う。その後、健康保険に申請することで自己負担限度額を超えた分が後日還付される。
期限 支払いから2年以内
届出人 パパまたはママ
申請方法 窓口で通常通り支払いする。健康保険にて高額医養費の支給を申請する。申請後、指定の振込口座にて立て替えた自己負担限度額を超えた分が戻ってくる。
提出先 ママが加入している健康保険
必要書類など
  • 高額医養費支給申請書
  • 本人確認書類(裏表)のコピー

事前手続きを行う場合【限度額適用認定証】

内容 事前に加入の健康保険に「限度額適用認定証」を申請することで、自己負担限度額分だけの支払いで済む。
期限 退院時までに認定証が必要。余裕も持って出産予定日の1~2ヶ月前に申請しておくとよい。
届出人 パパまたはママ
申請方法 事前に加入の健康保険に「限度額適用認定証」を申請。その後、郵送で認定証が届く。(退院時までに認定証を手元に用意しておくこと。)窓口にて認定証を提示し、自己負担限度額分のみを支払いする。
提出先 ママが加入している健康保険
必要書類など
  • 限度額適用認定申請書
  • 本人確認書類(表裏)のコピー

出産時は何があるか分からないため、出産日当日に異常分娩になった場合、支払いが高額になることもあります。ですので事前に「限度額適用認定証」を申請しておくことをオススメします。健康保険のHPより限度額適用認定申請書がダウンロードできるので、印刷して必要事項を記入後、保険証に記載されている都道府県支部へ郵送すると1週間ほどで限度額適用認定証が届きます。
※申請期間は最長で1年間となっているので、念のため1年間にしておくといいかと思います。
例:協会けんぽに加入している場合は、下記から申請書をダウンロードできます。

最後に

こうやって調べてみると、色々と手続きをしなければいけないので大変ですね。。

私の場合、旦那の休みが日曜と祝日(たまに)しかないため、ほとんど私が申請しなければなりません…。大変ですが頑張ります。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ABOUT ME
かおさん
愛媛に住むアラフォー派遣主婦。主に派遣・結婚・妊娠・出産・子育て・レビューなど綴っています。 100時間以上残業しても残業代も一切出ないブラック企業に勤める旦那を持つ嫁でもあります。第一子妊娠中に旦那が心筋梗塞になり、あの世に行きかけましたが運良く助かることができました! 2020年5月第一子出産♪高齢出産のため、年子希望。はたして派遣社員でも続けて育休取得できるのか? 現在第二子妊娠中!2021年7月出産予定! 続けて産休育休取得できるか確認中♪
↓クリックで応援お願いします!↓
にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村