妊活

35歳以上の初産は高齢出産のリスクがある?私が妊活を焦る理由

どうも!かおさんです。

最近は晩婚化が進んでいますよね。そんな私も34歳で結婚しました。そして今は妊活中でもあります。

正直、今の旦那と結婚するまで、妊活や妊娠の事について調べる事はありませんでした。

いざ、結婚して妊活しようとなった時、妊娠について調べると、年齢的にタイムリミットがあるという事がわかりました。それは高齢出産が35歳からという事です。

それを知った時、すでに私は34歳でした…。

今回は妊活前にしておいた方がいい事、35歳を超えるとどのような影響があるのか、不妊治療についてなど調べてみました。

妊活前にしておいた方がいい事

脱毛

妊娠するとホルモンバランスが変化し、肌が敏感になったり妊娠前より肌トラブルを起こしやすくなります。そして妊婦さんはエステなどへ行っても脱毛を断られてしまうことがほとんどです。

私の場合結構毛深かったので、若いうちに脱毛しておいて良かったなと思っています。

ブライダルチェック

結婚(妊娠)を控える女性を対象とした検診のことです。風疹抗体・梅毒・HIV抗体・クラミジア・子宮の超音波など、実際に行う検査内容は、医療機関や受ける人が選択するオプションによって異なります。

早期に治療を開始することで、完治を期待できたり、不妊や子宮外妊娠、流産のリスクを抑えることが期待できます。

男性向けのブライダルチェックもあり、感染症検査・精液検査などもあるようです。

実は私はまだ受けた事がありません。今回妊娠していない事が分かったら、ブライダルチェックを受けてみようと思っています。

がん検診

子宮がん検診や乳がん検診ですが、医療機関はもちろん、健康診断やお住まいの市町村でも受ける事ができます。市町村で行っている場合は、安い費用で受診する事がきるのでオススメです。

標準体重を保つ

体脂肪が極端に多くても少なくても、排卵障害の原因になるためよくありません。美容体重ではなく、標準体重を保つようにした方がいいようです。

虫歯治療

出産後、赤ちゃんに虫歯菌が感染することもあるので、治療をおすすめします。安定期に入った妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)であればほとんどの方が問題なく治療できるようですが、妊娠初期は後期は基本的に応急処置のみ行ったほうがいいようです。虫歯がある方は早めに治療しておき、定期的に歯科検診を受けておきましょう。

葉酸サプリメントを取得する

葉酸は、妊娠前から妊娠中に特に不足しがちな栄養素のひとつです。妊娠の1ヶ月以上前から妊娠初期の3ヶ月を特に意識して摂取した方がいいようです。

葉酸をきちんと摂取することで、胎児の異常(神経管閉鎖障害)の発症リスクを減らすことができると考えられています。

35歳超えたらどんな影響があるの?

妊娠率がかなり低下する

【女性の場合】
・年齢とともに卵子の数が減る
・卵子が老化する

【男性の場合】
・精子の元気がなくなる
・精子が老化する

流産の可能性が高くなる

35歳…20.1%
40歳…34.6%
45歳…63.2%
年を重ねるとともに、妊娠しにくく流産の可能性が高まるそうです。

病気にかかりやすくなる

「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」をはじめ、合併症の発症頻度が高くなります。子宮筋腫や卵巣腫瘍などの婦人科合併症も増えます。

赤ちゃんの発育に影響が出る

妊娠前から太り過ぎだった方や高齢出産の方は、妊娠高血圧や妊娠糖尿病のリスクが高くなります。血流が悪いなど、母体の体内環境が悪化するために、胎児が低栄養になり、発育が阻害されてしまします。

痩せすぎている方も問題があり、産まれてくる赤ちゃんは低体重児であることが多いようです。産まれた時に体重の少ない赤ちゃんは、将来糖尿病や心臓病などの生活習慣病を発症する可能性が高いということがわかっています。

難産になりやすい

高齢で初産の場合、産道や子宮口が固くなっているため難産になりやすく、帝王切開になる確率が高くなります。若い人に比べて体力も落ちているので産後の回復も遅くなります。

不妊治療について

入籍してから、9ヶ月近くタイミング法で試しているのですが、なかなか…。妊娠するのって難しいですね。

このまま妊娠しなければ、ブライダルチェックを受けた後、不妊治療をしてみようかなとも考えています。

私の中の不妊治療のイメージが体外受精のイメージしかなかったので、お金もすごくかかるだろうなと思っていたところ、もっと気軽に不妊治療する方法を発見しました。

それは『人工授精』です。私は無知すぎて、人工授精=体外受精だと思っていました。

体外受精とは
体外に女性の卵子を取り出し、パートナーの精子と一緒にして受精させ、できた受精卵を子宮に戻して着床を促す治療です。
人工授精(AIH)とは
細い管を使って子宮頸管をバイパスし、事前に採取しておいた精子を子宮の奥深くに注入する治療です。その後の受精・着床は自然妊娠と同じです。
かおさん
かおさん
人工授精なら費用も1回が7千円~2万円ほどでできるみたいだし、働きながらでも通えるのはありがたいな。

最後に

高齢出産のリスクは思った以上に高いという事が分かりました。とても焦ります…。

生理が来るたびに落ち込んでしまいますが、いつかお母さんになれる日を夢見て、めげずに頑張りたいと思います。

妊活中のみなさん、一緒に頑張りましょうね!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いた翌月に妊娠することが出来ました!

「妊娠超初期症状」はいつから?私が経験した普段と違った症状とは?これって妊娠かも!といつもとは明らかに違う症状を感じる出来事がありました。いつから「妊娠超初期症状」を経験したのか、どのような症状だったのか。検査薬のタイミングについても併せてお伝えしたいと思います。...
妊娠検査薬で陽性反応が出たら病院はいつ行くの?診察の内容は?陽性反応が出てから、私がいつ頃病院へ行き、診察は何をしたのかをお伝えしたいと思います。...
ABOUT ME
かおさん
愛媛に住むアラフォー派遣主婦。主に派遣・結婚・妊娠・出産・子育て・レビューなど綴っています。 100時間以上残業しても残業代も一切出ないブラック企業に勤める旦那を持つ嫁でもあります。第一子妊娠中に旦那が心筋梗塞になり、あの世に行きかけましたが運良く助かることができました! 2020年5月第一子出産♪高齢出産のため、年子希望。はたして派遣社員でも続けて育休取得できるのか? 現在第二子妊娠中!2021年7月出産予定! 続けて産休育休取得できるか確認中♪
↓クリックで応援お願いします!↓
にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村